公園に入り颯爽と進む多田さん
公園に入り颯爽と進む多田さん
なにかの記念文その1
なにかの記念文その1
なんだかわからないけど入り口にあった銅像
なんだかわからないけど入り口にあった銅像
公園から見えたマニラのビル
公園から見えたマニラのビル
何かの記念文 その2
何かの記念文 その2
何かの記念碑 その2
何かの記念碑 その2
公園から見えるマニラのビル
公園から見えるマニラのビル
ホセリサールについて何か書いてある壁
ホセリサールについて何か書いてある壁
ホリリサールの歴史を表す銅像を撮る多田さん
ホリリサールの歴史を表す銅像を撮る多田さん

ここで、ホセ・リサールとは誰だろう?と言う話になる。Wikiペディアから拝借してみよう。

ホセ・プロタシオ・メルカード・リサール・アロンソ・イ・レアロンダ (Jose Protacio Mercado Rizal Alonzo y Realonda1861年6月19日 – 1896年12月30日)は、フィリピンの革命家、医師著作家画家、学者。フィリピン独立運動に取り組んだことから「国民的英雄Héroe Nacional)」と称される[1]。通称はホセ・リサール(José Rizal)

—Wikiペディアより

ホセ・リサールはフィリピン独立運動のリーダーとなった、現代でも語られるフィリピンの英雄ということだ。フィリピンから帰国後、「Rare Job」というフィリピン人との英会話サービスで、「Is Jose Rizal true hero in your mind?」(ホセ・リサールはあなたの中で真の英雄ですか?)と聞いたところ「Absolutely Yes !」(もちろん、絶対的だよ!)とそのフィリピン人は答えていた。

彼は日本への留学経験もある、我々日本人にゆかりがある人物なのだ。

フィリピンの独立を快く思わない、当時のスペインの官憲によって、彼は35歳の若さで銃殺されてしまうのだが、フィリピンを独立へと導き、現代でも語り継がれる真の英雄としてフィリピンでは高く評価されている。

彼は語学がすごくできたと、Wikiペディアでは伝えている。語学ができる人はすごい経験をするのだと、僕はそう信じるようになっている。

一人思想にふけるホセ・リサール
一人思想にふけるホセ・リサール
裁判で訴えるホセ・リサール
裁判で訴えるホセ・リサール
逮捕されるホセ・リサール
逮捕されるホセ・リサール
ホセ・リサール逮捕に悩む彼の母と姉たち
ホセ・リサール逮捕に悩む彼の母と姉たち
銃殺されるホセ・リサール
銃殺されるホセ・リサール

ホセ・リサール国立記念公園は、なにやら中国風な庭園のようなものもあった。銅像はたしか、孔子だったと思う。

公園には中国風庭園もあった
公園には中国風庭園もあった
たしか、孔子の銅像
たしか、孔子の銅像

庭園の中に入って行った時、多田さんが床で寝ていた猫に気づかず、踏んでしまった。猫は「ギャー!」と言って跳ね飛んでいた。周りで見ていたフィリピン人はクスクス笑っていた。

韓国とフィリピンの友好の銅像
韓国とフィリピンの友好の銅像

韓国とフィリピンの友好の像

韓国とフィリピンの友好の記念文
韓国とフィリピンの友好の記念文

韓国とフィリピンの友好記念文

ホセ・リサール公園を北に抜けると、そこから更に北にはサンチャゴ要塞跡地があった。スペインがフィリピンを植民地にした時に最初に作られた要塞ということだ。現存するのは建て直されたものではあるが。しかし、残された壁の一部は当時のものが今でもずっと残っているものだという。

僕が歩くのに疲れたので、トライシクルを利用することにした。自転車にサイドカーが着いた、一種のタクシーだ。1時間100ペソ(¥300ぐらい?)ということだった。

トライシクルからの眺め
その1
トライシクルからの眺め
その2

トライシクルに乗ると、フィリピンの東大と言われる、フィリピン大学を抜けて、イントラムロスという場所で一旦降りた。第二次世界大戦時で使用した砲台が今でも残っているという戦場跡地だ。

イントラムロス その1
イントラムロス その1
イントラムロスその2
イントラムロスその2

イントラムロスを抜けると、キリスト教の教会が集まる場所を抜けた。

キリスト様
キリスト様
教会の入り口
教会の入り口
なんだかわからないけど銅像
なんだかわからないけど銅像
マリア様
マリア様

僕と多田さんは、試しに中に入ってみた。中では結婚式が行われていた。そして、僕たちのような外国人でも自由に入ることができた。フィリピンの人々は本当は信仰心が深いキリスト教徒なのだ。日本ではモラルの悪い人々がフィリピン人に仕事をやると言って、フィリピンパブのようなことをさせているが、本当のフィリピンの女性は守りが固い、道徳心の高い人々なのだ。

教会を抜けると、サンチャゴ要塞に到着した。トライシクルを漕いでいた青年は、ここで待っているからサンチャゴ要塞の中を見てきなよと英語で言った。30分ぐらいで見れるよ、という事だった(しかし、これは嘘で、実際は2時間ぐらいはかかるものだった。そして、この青年はずっとここで待っていて、2時間の待たせ料として1000ペソを要求してきたのだった!そして、これにはしかたなく、支払うのだった・・・)

サンチャゴ要塞の前で多田さん
サンチャゴ要塞の前で多田さん